• Jasmine

フットケアについて

フットはお手入れとカラーやジェルを両方行っています。

「本格的なフットケアサロンでは色まで塗ってもらえないのよね~」と言われる事が多いです。今でもそうなのでしょうか? その時だけキレイになっても仕方が無いので日々のお手入れやトラブルが起きない為の心がけや、靴の選び方もご案内します。


茉莉花で行っているフットケアは「ポドロジー」の考え方や技法を基本としています。ポドロジーというのはドイツ語で「足の学問」という意味で、ドイツで発達したフットケアのひとつです。ポドロジーを行う者はポドロジストと呼ばれます。


外反母趾、巻き爪、かかとの角質。 誰に相談してよいか分からない様な事、なんでもご相談ください! 「足の床屋さん」くらいの気持ちでどうぞ「そのまま」お越し頂けたらと思います。 よく「恥ずかしいから!」と、例えば爪を切ってからお越しいただく方、いらっしゃるのですが、、、適切でない爪の切り方がそのトラブルを招いているっていう事もあったりするので。。。全然恥ずかしくないのでドーンとお見せください。大概の事では驚きませんので(笑)


必要があれば病院での受診を促します。ドイツでは国家資格制度があってポドロジストが医療行為まで行って良いことになっていますが、日本では法律が違うので私たちには限界があります。サロンで行えるギリギリの所までケアさせて頂き、その先は適切な医療機関への橋渡しを行いますので、「クリニックに行ったほうがいいのかなぁ?」という疑問の相談にも乗らせて頂きます。


ご相談の時には「フットケアコース」(60分6000円)をお申し込みください。お申込みフォームに相談事を予め書いてくだされば施術時間とは別に少しゆっくりお話し頂ける時間をご用意します。ご相談お待ちしています。

55回の閲覧

最新記事

すべて表示

かかとガサガサの原因~乾燥編~

前回の記事で書かせて頂きましたが、ほとんどのお客様のフットのお悩みは共通しています。今回は「かかとガサガサ」の原因と対処法をご案内します。 考えられる原因は 1.乾燥 2.摩擦 3.冷え この3つです。 今回は1.の乾燥について書かせて頂きます。 なぜ乾燥するのか?「外側からの乾燥」と「内側からの乾燥」に分けて説明します。 外側からの乾燥は ・裸足で過ごす方 ・化繊の靴下やストッキングを長時間履く

フットケアで多いお悩みは

本格的にフットを学び始めて20年近くになります。沢山のお客様の足を拝見しお悩みを伺ってきました。だいたいのお客様のお悩みは共通していて。。。 ★かかとがガサガサ! ★タコや魚の目ができて痛い! ★これは巻き爪ですか? ★爪に線が入ってガタガタなんですが。。。 ★外反母趾で合う靴がありません! もちろん他にも様々ありますが大体こんな感じです。幸い昨今たっぷり時間がありますので(笑)ひとつひとつの原因

現在のサロンの状況

この記事を書いているのが2020年4月17日。コロナ関連で緊急事態宣言が出るちょっと前からご新規様のご予約をお受けしていません。ご予約頂いていたお客様には個別に連絡のうえ、次回のご来店日を延期させていただいています。5月6日までは営業の自粛をしていますが、ご質問などございましたらメールでご連絡くださいますようお願い申し上げます。 1日も早い収束を願って過ごしております。皆様も出かけられない不自由さ