• footnail

巻き爪ケア~手術編~

巻き爪で病院を訪ねるとしたら皮膚科になります。爪は皮膚の延長という事なので。基本的に病院は診察や治療に時間をかける事ができませんので、、、。


手早く痛みを取り除くには手術!


となる訳です。手術は結構グロいもので!! 私が知る限り2種類ありますので解説していきますね。


【手術の種類】

●抜爪法

痛む個所の爪を根本から引き抜く「抜爪法」が一般的です。 端っこの巻いている部分の爪を縦にカットするので爪を全部剥ぐ訳ではありません。 縦にカット→根本の爪を抜きます! (爪はまた生えてきます)


●フェノール法

引き抜いたあとの根本に薬液を塗って、爪が生えて来なくする方法が「フェノール法」です。


【メリット】

●巻き爪の原因を素早く取り除く事ができる。

●サロンで行うケアのように、通わなくて1度で解決する。

●保険がきく


【デメリット】

●とにかく痛い! 手術の麻酔が切れると地獄の痛さが待っています。

●1-2週間靴を履けない。

●抜爪すると爪の工場である大事な爪母(そうぼ)を傷つけてしまうので、次に生えてくる爪がきれいに生えない場合がある。

●フェノール法で根本を処理してしまうと、そこからは爪が生えて来ないので!手術した方の爪だけ細い人になってしまいます。


一度してしまった手術は無かったことに出来ません。良く検討してから望む事をお勧めします。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分ではがせる「ピールオフジェル」 → 詳細はこちら 通常のジェルは3週間から4週間もちます。 ピールオフジェルは2週間から3週間持つ方が多いです。 フットの場合はもう少しもつように思います。 個人差があるので、何とも言えませんが。。。 普通につけたジェルを、ご自分で剥がすと必ず爪が痛みます。 表面がガサガサになって、爪が薄くなります。 ピールオフジェルは、ツルっと簡単にオフできて、爪が痛みません

ジェルネイルは綺麗だし持ちも良いし、良い事ずくしなのですが、一つだけ欠点があります。 「自分でオフできない」のです。 爪を痛まずにジェルをオフするには、高度な技術が必要なので通常はサロンでオフしてもらいます。 当店では自分でオフできる「ピールオフジェル」もご用意があるので、ご希望の方は来店時にご希望をお知らせください。

本格的なフットケアサロンはケアだけ。 カラーを塗ってもらうにはネイルサロンなのですが、当サロンでは両方一緒にできます。 カラーはジェルで対応しますので、すぐに靴を履いてお帰り頂くことができます。お色もその場で混ぜて作りますので、お好みの色が出来上がります。