• Jasmine

巻き爪ケア~手術編~

巻き爪で病院を訪ねるとしたら皮膚科になります。爪は皮膚の延長という事なので。基本的に病院は診察や治療に時間をかける事ができませんので、、、。


手早く痛みを取り除くには手術!


となる訳です。手術は結構グロいもので!! 私が知る限り2種類ありますので解説していきますね。


【手術の種類】

●抜爪法

痛む個所の爪を根本から引き抜く「抜爪法」が一般的です。 端っこの巻いている部分の爪を縦にカットするので爪を全部剥ぐ訳ではありません。 縦にカット→根本の爪を抜きます! (爪はまた生えてきます)


●フェノール法

引き抜いたあとの根本に薬液を塗って、爪が生えて来なくする方法が「フェノール法」です。


【メリット】

●巻き爪の原因を素早く取り除く事ができる。

●サロンで行うケアのように、通わなくて1度で解決する。

●保険がきく


【デメリット】

●とにかく痛い! 手術の麻酔が切れると地獄の痛さが待っています。

●1-2週間靴を履けない。

●抜爪すると爪の工場である大事な爪母(そうぼ)を傷つけてしまうので、次に生えてくる爪がきれいに生えない場合がある。

●フェノール法で根本を処理してしまうと、そこからは爪が生えて来ないので!手術した方の爪だけ細い人になってしまいます。


一度してしまった手術は無かったことに出来ません。良く検討してから望む事をお勧めします。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

巻き爪ケアの料金について

●トータルフットケアのコースにお申込みの方でしたら追加料金なしでご相談いただけます。(スパンゲなど施術料は別途頂戴します) ●フットケアコースを申し込まず、巻き爪のご相談のみの場合は初回カウンセリング料を頂戴します。(30分4000円) ●スパンゲを貼る事になると、1本4000円(税込み)です。 ●コットンパックは1本あたり500円です。

巻き爪ケア~ワイヤー矯正編~

前回は手術編の事を書きました。ちょっとグロかったかと思います。。。 今日はもう少しライトにワイヤー矯正のお話をしますね。 爪の先端の左右に穴を空けて特殊加工したワイヤーを通して平らに導くものです。 ちょと分かりにくいかと思いますので、検索してみてください(笑) ワイヤー矯正についての私なりの感想を。。。 【メリット】 ●矯正力が強い ●病院なので安心 【デメリット】 ●自費診療なので保険がきかない