• Jasmine

巻き爪ケア~B/Sスパンゲ編~

前回は「手術編」「ワイヤー編」をご案内しましたが、今回からは当サロンで行っているケアを案内しますね。


前述の2種類は病院でないと出来ない処置なので、当サロンで出来る事で一番効果が高いのが「スパンゲ」です。


スパンゲは矯正する、という意味のドイツ語で、英語だとブレイスとなります。歯の矯正の事をブレイスと呼びますね。


「B/Sスパンゲ」のB/Sは、開発したドイツの会社の頭文字です。ドイツはフットケア先進国で足専門の病院もあるくらい。


このスパンゲは特殊プラスティックのスプリング板を爪の上に貼り、板が平らに戻ろうとする力を利用して丸まった爪を伸ばしていきます。



貼った瞬間に爪が持ち上がるので、食い込んでいた爪がお肉から離れ、痛みから解放される方が多いです。


月に1回くらいご来店いただき新しいスパンゲに取り換えるメンテナンスを行います。


程度にもよりますが、早い方で3回位。

巻きがきつい方で6回くらいでご満足いただける状態になる事が多いです。



スパンゲのメリット、デメリットは、、、


【メリット】 ●施術時、施術後の痛みがない

●あまり目立たない

●ペディキュアを塗る事ができる

●爪が伸びていなくてもできる


【デメリット】

●通わないといけない

●あまりにも巻きがきつい場合は施術できない


デメリットがあまり無いのです!

スパンゲを貼る必要が無い方もいるのでご相談ください。


巻き爪ケアの料金について

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

巻き爪ケアの料金について

●トータルフットケアのコースにお申込みの方でしたら追加料金なしでご相談いただけます。(スパンゲなど施術料は別途頂戴します) ●フットケアコースを申し込まず、巻き爪のご相談のみの場合は初回カウンセリング料を頂戴します。(30分4000円) ●スパンゲを貼る事になると、1本4000円(税込み)です。 ●コットンパックは1本あたり500円です。

巻き爪ケア~ワイヤー矯正編~

前回は手術編の事を書きました。ちょっとグロかったかと思います。。。 今日はもう少しライトにワイヤー矯正のお話をしますね。 爪の先端の左右に穴を空けて特殊加工したワイヤーを通して平らに導くものです。 ちょと分かりにくいかと思いますので、検索してみてください(笑) ワイヤー矯正についての私なりの感想を。。。 【メリット】 ●矯正力が強い ●病院なので安心 【デメリット】 ●自費診療なので保険がきかない

巻き爪ケア~手術編~

巻き爪で病院を訪ねるとしたら皮膚科になります。爪は皮膚の延長という事なので。基本的に病院は診察や治療に時間をかける事ができませんので、、、。 手早く痛みを取り除くには手術! となる訳です。手術は結構グロいもので!! 私が知る限り2種類ありますので解説していきますね。 【手術の種類】 ●抜爪法 痛む個所の爪を根本から引き抜く「抜爪法」が一般的です。 端っこの巻いている部分の爪を縦にカットするので爪を