• footnail

巻き爪ケア~B/Sスパンゲ編~

前回は「手術編」「ワイヤー編」をご案内しましたが、今回からは当サロンで行っているケアを案内しますね。


前述の2種類は病院でないと出来ない処置なので、当サロンで出来る事で一番効果が高いのが「スパンゲ」です。


スパンゲは矯正する、という意味のドイツ語で、英語だとブレイスとなります。歯の矯正の事をブレイスと呼びますね。


「B/Sスパンゲ」のB/Sは、開発したドイツの会社の頭文字です。ドイツはフットケア先進国で足専門の病院もあるくらい。


このスパンゲは特殊プラスティックのスプリング板を爪の上に貼り、板が平らに戻ろうとする力を利用して丸まった爪を伸ばしていきます。



貼った瞬間に爪が持ち上がるので、食い込んでいた爪がお肉から離れ、痛みから解放される方が多いです。


月に1回くらいご来店いただき新しいスパンゲに取り換えるメンテナンスを行います。


程度にもよりますが、早い方で3回位。

巻きがきつい方で6回くらいでご満足いただける状態になる事が多いです。



スパンゲのメリット、デメリットは、、、


【メリット】 ●施術時、施術後の痛みがない

●あまり目立たない

●ペディキュアを塗る事ができる

●爪が伸びていなくてもできる


【デメリット】

●通わないといけない

●あまりにも巻きがきつい場合は施術できない


デメリットがあまり無いのです!

スパンゲを貼る必要が無い方もいるのでご相談ください。


巻き爪ケアの料金について

閲覧数:81回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自分ではがせる「ピールオフジェル」 → 詳細はこちら 通常のジェルは3週間から4週間もちます。 ピールオフジェルは2週間から3週間持つ方が多いです。 フットの場合はもう少しもつように思います。 個人差があるので、何とも言えませんが。。。 普通につけたジェルを、ご自分で剥がすと必ず爪が痛みます。 表面がガサガサになって、爪が薄くなります。 ピールオフジェルは、ツルっと簡単にオフできて、爪が痛みません

ジェルネイルは綺麗だし持ちも良いし、良い事ずくしなのですが、一つだけ欠点があります。 「自分でオフできない」のです。 爪を痛まずにジェルをオフするには、高度な技術が必要なので通常はサロンでオフしてもらいます。 当店では自分でオフできる「ピールオフジェル」もご用意があるので、ご希望の方は来店時にご希望をお知らせください。

本格的なフットケアサロンはケアだけ。 カラーを塗ってもらうにはネイルサロンなのですが、当サロンでは両方一緒にできます。 カラーはジェルで対応しますので、すぐに靴を履いてお帰り頂くことができます。お色もその場で混ぜて作りますので、お好みの色が出来上がります。